2019.11.11

お役立ち情報

リバウンドをしないために

リバウンドをしないために

リバウンドを知ってココロとカラダにやさしいダイエット

リバウンドをしないためには
どうすればよいのか。

『ダイエット』は、理想のカタチを作り、維持することです。

減量だけにとらわれてしまうと、
やつれているように見えたり、ハリツヤがなくなってみえたり
など自身でダイエット経験のある方は覚えもあるのではないでしょうか。

まず、ダイエットを始めると

1.維持したい
2.もっと変化したい
3.変わらなくなった(不安)
4.体重が増えた(リバウンド)
5.過去の失敗を思い出す
という、心理が働きます。

そして、人間の身体(細胞)が作用すると

1.変わらないでいてほしい
2.変化に備える
3.防衛本能が働く
4.期間が長いほど影響する
5.細胞は元に戻ろうとする

身体は変化を嫌うのです。それが人間の本能です。
 
「4.期間が長いほど影響する」
というのは、

細胞の刷り込まれている期間のことで、
変化したら、その期間を長くする(細胞が覚える=あなたになる)
という事です。
 
「5.細胞は元に戻ろうとする」
というのは、
これは誰も避けられませんっ!
これをリバウンドといいます。

細胞が作用するリバウンドは、自然界の法則です。

性格や過去のことは関係ありません。

ダイエットの一番重要な事は、

  • 自分を責めない
  • 自分を否定しない

否定をしているときは、変化はしません。。

今の自分を認めて、今が最高と思うっ!!

心理学でいう
『マインドフルネス』ですね
 
そして、次のステップ→

理想の自分へ向かう☆☆

リバウンドをしないためには、

カラダのリバウンド

ココロのリバウンド

2つある事を理解するのです。

人間の本能

  • 変わらないでいて欲しい
  • 変化に備える
  • 防衛本能が働く

少しずつ行う(本能を働かせない)ことで、これらの本能に気付かせないということです。
 

リバウンドをしないダイエットを成功させるコツは、
『小さな習慣』
です!!!!

心理学では、
『エレファントバイト』
『ベイビーベイビースモールステップ』ともいいます(^^)

 
弱い紫外線(UV-A)が肌細胞に影響を与えるのと一緒で、小さな刺激の積み重ねが一番細胞に影響を与えて、反動(リバウンド)を起こさせない(小さな習慣)

<結論>リバウンドをしないダイエットを成功させるコツは、、、

『少しずつ』

ダイエットを継続することに疲れてきてしまった方、もう自分にはムリだ…と諦めてしまっている方、
気持ちのモチベーションをあげたり、気持ちを保つのってとてもしんどい事だと思います。
 

過去にとらわれて、後悔したり
先の未来を想像して不安になる必要はありません
今のあなたはとてもステキで最高です

ほんの、ほんの
『少しずつ』でいいのですよ♡

トップへ戻る