2019.02.16

お役立ち情報

〜漢方五情☆体質別チェック〜

〜漢方五情☆体質別チェック〜

セルフチェックあなたのタイプは?

漢方五情

陰陽五行論にもとづいた体質チェックです
陰陽五行説とは、古くから中国に伝わる哲学のことです。
陰陽説では、この世の全てのものは陰陽に置き換えることができ、そのバランスの変化の中で成り立っていると考えられています。
中医学の陰陽五行論では、「木・火・金・土・水」に分けられ、身体の機能を「肝・心・脾・肺・腎」の5つに分けて体質を論じます。

当てはまるところにチェックをして自分の体質を見てみましょう☆

怒(肝)タイプ

目の疲れ、乾燥が気になる
めまいを起こすことがある
寝付きが悪い
肩こりが気になる
下痢、便秘を繰り返す
イライラする、怒りっぽい
爪が割れやすい

喜(心)タイプ

頰が赤い
動悸、息切れがある
眠れないことがあるなる
不安感がある
舌が荒れやすい
物忘れが多い
冷え性である

思(脾)タイプ

胃腸が弱い
口内炎ができやすい
お腹がごろごろする
甘いものを欲しがる
物忘れが多い
思い悩むことがある
気力がなく体がだるい

悲(肺)タイプ

風邪をひきやすい
喉が腫れやすい
呼吸が苦しいことがある
鼻炎、花粉症がある
アレルギー体質
皮膚が弱い
色白である

恐(腎)タイプ

足腰がだるい
腰痛がある
むくみやすい
顔色がどす黒い
髪に潤いがない
いくら寝ても眠い
夜中にトイレに起きる

タイプは一つとは限りません(^^)
いくつかの体質を持ち合わせているかたもいます。
 
チェックできましたか??

怒( 肝)タイプの点数が高い方

肝は肝臓。情緒の安定に関係していて、ストレスの影響を一番受けやすいタイプ。
肝臓が弱ることによって、自律神経の不調やトラブル、目や月経トラブルも出やすいです。顔色が青みがかっているも注意が必要です!お酒の飲み過ぎには、肝に負担がかかります!特にご注意を★
酸味を欲するときは、肝が弱っているのかも。
怒りや恨みの感情を持ち続けると肝に大きな負担を生じる体質です。
自分にも厳しい方が多いので、自分にも優しくなってあげてください(^^)春になると体調を崩しやすいのでお気をつけください。

さらに詳しくはこちら

喜(心)タイプの点数が高い方

血液を循環させるポンプ機能の心臓に負担がかかることによる循環器系、大脳の働きによる脳神経系の病気にかかりやすい。顔色が赤みかかるときは、ご注意を!
悩みすぎて眠れない、心配事で胸が痛むなど神経の細やかさが体調に出るタイプ。
過度な運動は心臓に負担がかかります。
苦味を欲するときは、心臓機能が弱まっているのかも。
喜ぶとことはとても身体によいのですが、テンションが高すぎるのも心臓にはあまりよくありません。
冷静を心がけましょう♪夏に体調を崩しやすいのでご注意を★

さらに詳しくはこちら

思(脾)タイプの点数が高い方

消化器系や代謝機能が低くなっているかもしれません。
脾臓 胃に負担がかかりやすい体質。塞ぎこみやすく、一人で思い悩むタイプです。
●食べ過ぎ 飲みすぎは脾(胃)の大敵!!
●甘味を欲する時は脾(胃)弱っている
憂い(心配・気苦労)ばかりしていると胃に負担がかかりやすくなり、身体のバランスを崩しやすくなります。頑張りすぎず、周りの人にもっと頼ってみたらもっと環境も変わるかもしれません✨
気楽にリラックスを心がけてみてください★

食欲不振と過食、両極端にでて、痩せ気味な人と、ぽっちゃりとした水太りタイプの人がいます。水分代謝にも関わり、胃腸にトラブルを持つ人が多く、季節の変わり目に不調が出やすいタイプです。消化器系にも十分に注意してくださいね☆

さらに詳しくはこちら

悲(肺)タイプの点数が高い方

肺などの呼吸器系や排出機能の大腸が弱くなっている可能性も!
●喫煙のしすぎは肝の大敵!!
●辛味を欲する時は肺が弱っている
悲しみに支配されると肺に負担がかかります!!
気分転換をして楽しいことを考えましょう♪
呼吸器系と皮膚も含めたバリア機能に関係があり、虚弱体質の方が多いです。鼻炎、花粉症などに悩まされやすいです。秋から冬、空気が冷たくなると調子を崩しやすいタイプですので、特に今の時期は注意が必要です。

さらに詳しくはこちら

恐(腎)タイプの点数が高い方

腎臓や膀胱、生殖機能が低下している可能性も。
●節水は腎臓の大敵 程よく水分摂取!!
●塩辛い味を欲する時は腎機能が弱化
恐怖や驚きに心が支配されやすいので、それが腎臓に悪い影響をもたらします。
生命エネルギーに関わるところ。老廃物の代謝や体を温める機能が弱く、冷え性になりやすいです。 髪の毛に調子が表れやすく、不調時は抜け毛や白髪が増えることも。冬に調子を崩しやすいです。恐(腎)タイプの方も今の時期は特に体調を崩しやすいので、温活を心がけてくださいね(^^)✨

さらに詳しくはこちら

 
また、次回は詳しくタイプ別のセルフケアなどをご紹介いたしますね!
ご予約・お問い合わせはこちらから

トップへ戻る